好きなことを仕事にしよう!2000時間好きなことに使えるなら何したい?

いまの仕事満足してますか?

月曜日になると憂鬱になる、時計を見たら全然時間が経っていない、17時ごろになると帰りたくてそわそわする。

そんな経験ありませんか?

そういう人は仕事に満足していないんじゃないでしょうか?

そんな人のために今日は好きなことを仕事にする重要性について語ります。

土日休みはいらない!?

先日、オリラジのテレ番組「NEWアベレージピープル」でエリート大学生の就活事情がやっていました。

その中で、印象的だったのが、土日も休みなしで働きたいと主張していた女子学生です。

普通の就活生なら、平日は定時に帰れて土日休みの就職先を探しがちですが、彼女は違いました。

彼女は、好きなことを仕事にするようで、好きなことを1日8時間しかできないのは嫌だと主張していました。

好きなことを仕事にしている人と、イヤイヤ仕事をしている人との幸せの差は明らかに違います。

1日8時間、年間250日働くとしたら…..

8時間×250日=2000時間

 

あなたは2,000時間をどう過ごしたいですか?

ストレスをため込んで、嫌なことをしたいですか?

それとも好きなことをしますか?

「3人のレンガ職人」の話

旅人がレンガを積み上げている3人の職人にこう質問した

「あなたたちはなぜレンガを積み上げているのですか?」

Aは「親方からやれといわれているから」
Bは「生活費を稼ぐため」
Cは「みんなに喜んでもらうためにレンガを積み上げているのさ」

うろ覚えですが、だいたいこんな話でした。

この話は同じ仕事でも目的をもって取り組むことで、モチベーションも成果も変わるといった内容です。

これは「好きを仕事に」も同じことが言えます。

あなたが学生なら、今のうちから自分の好きなこと・やりたいことを仕事にできるよう探しましょう。

あなたが社会人でも遅くないです。これからは自分が好きなことを仕事にしましょう。

好きなことなら仕事とも思わない!?

仕事をさせられている、家族を養うために仕方なくやっている。それでは毎日の仕事が苦痛でストレスたまります。

でも、思い出してください、小さいころ友達と暗くなるまで遊んだこと、ゲームに夢中で怒られたこと。

どれも頼まれてもいないのに、自分が好きだから時間も気にせず集中できたし、楽しかったですよね?

仕事を選ぶうえで、重要なことを中島氏の書籍「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」ではこう書かれていました。

「頼まれなくても自分から喜んで残業するほど楽しい仕事か」

また、メンタリストDaiGo氏の書籍「好きをお金に変える心理学」ではこう書かれてました。

「毎月働いて得られるのと同じ給料が働かなくても自動的に振り込まれるようになったとしても、今の仕事を続けますか?」

このように時間や給料を気にせず、没頭できる仕事に就くことが何よりも大切ですね。

今からでも遅くありません。

一度っきりの人生、後悔しないように楽しみましょう。

コメントを残す