【まだ間に合います】子どもの”自己肯定感”をあげる3つの方法とは?

こんにちは、カウンセラーのすんです。

子どもを育てるうえで大切なことってなんだと思いますか?

  • 知育
  • 運動
  • 食事

人によって、大切なことは色々あると思いますが、一番大事にしてほしい事が『自己肯定感』です。

自己肯定感とは?

「自分は愛されている」

「生きている価値がある」

「自分はこれでいいんだ」

と、自分で自分のことを認めてあげる力のことです。

今の日本では、海外に比べて自己肯定感がとても低くなっているのです。

図表1 自分自身に満足している

引用元:内閣府 特集 今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~

 

自分自身に満足している人が、日本はアメリカに比べ約半分の数になっています。

このように、今の日本は自分に満足していない人でたくさん。

 

その原因は、幼少期の子育てが関わっています。

そこで、今回

  • 自己肯定感と子育ての関係性は?
  • 自己肯定感を高める方法は?

このような悩みを解消する記事をまとめました。

子どもを大切に育てたいと思っているパパママはぜひ、読んでください。

自己肯定感と子育て

あなたは自分のこと好きですか?

そう聞くと、大体の人が

「…まあまあ」

「そんなに好きじゃない」

と答えるでしょう。

なぜ、自分を愛せなくなったのか?

その原因を探すと、幼少期に問題があったようです。

これから自己肯定感が子育てに、どのように関わってくるのか説明していきます。

自己肯定感は幼少期に育まれる

自己肯定感は0~3歳ぐらいに育まれると言われています。

  • 親に抱っこさた
  • 遊んでもらった
  • 甘えた

などを経験すると、自己肯定感が高まります。

0歳~3歳の間に築き上げた『自己肯定感』

その土台の上に、しつけや生活習慣、好奇心などが身に付きます。

その大切な土台を作るときに、自己肯定感を下げるような教育をしていると、

「どうせ自分なんて」

「自分はだれからも必要とされていないんだ」

という考えの子供に育ってしまうんです。

そうならないためにも、正しいやり方で子育てする必要がありますね。

3歳以降は手遅れ?

「もう子供が3歳過ぎてしまった」と焦ったお母さん。

そんな場合でも大丈夫です。

3歳以降からでも、崩れた土台の自己肯定感は高められるんです。

正しい言葉や接し方を続けていくことで、徐々に自己肯定感が高まってきますよ。

何歳からでも自己肯定感は高めることができるので、安心してください。

自己肯定感を高める3つの方法

自己肯定感を高めるには、両親の考え方や接し方を変えてく必要があります。

そこで、自己肯定感を高める3つの方法を用意しました。

意識して、変えるようにしてみてください。

自己肯定感を高める3つの方法
  • ダメな時も認める
  • 信頼する
  • 愛情を伝える

ダメな時も認める

失敗しても認めてあげましょう。

たとえば、自分でジュースを飲もうとして、こぼしてしまったら…

「だからやめなさいって言ったのに!」

と結果を叱るのではなく

「難しかったね、でもよくチャレンジしたね!」

「次は成功するよ」

と、チャレンジしようとした姿勢や過程を評価してあげましょう。

信頼する

子どものことを信頼してあげましょう。

「どうせできないよ」

「無理だからやめなさい」

など、チャレンジする前から否定すると、委縮してしまいます。

信頼して、どんどんチャレンジさせてあげましょう。

そこで失敗しても、上で書いたようにダメな時も認めてあげましょう。

愛情を伝える

「あなたは世界で1人しかいない大切な存在」

「生きているだけで、価値があるんだよ」

と伝えてあげるようにしましょう。

愛情をもって接することで、辛いことがあっても

「自分は生きてていいんだ」と強く立ち向かえる子になりますよ。

【まとめ】自己肯定感を高める子育て方法

自己肯定感を高めるには「認める・信頼する・愛情を伝える」が必要でしたね。

自己肯定感が高まると、困難なことがあっても立ち向かえる子に育ちますよ。

今からでも遅くはないので、子供の自己肯定感を高めるように接してあげてください。

 

あわせて読みたい

子育てマネーが不安なら読むべき!手取り20万円子育て家族の貯金の教科書

コメントを残す