健康に気を使う30代なら読んでおきたい1冊!世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた!最強の健康法‐ベストパフォーマンス編‐

最強の健康法

 

こんにちは!ブロガーのすん(@sun3blog)です。

 

パパすん
こどものために健康で長生きしたい!

 

最近そう思うようになり、ネットや本で健康法について調べました。

何が正解なんてわからない

引用:lecca-My measure-

 

世の中、色んな健康本、怪しい健康情報があふれてませんか??

 

どれを信じたらいいのやら...

 

そんな悩みを解決してくれるのがこの本!

 

 

タイトルだけ見たら、最強の〇〇って他の本と同じで怪しいなって思いました。笑

 

でもこの本が他と違うところは、各分野のプロフェッショナル50人が本音で書いているんです!

しかも、その50人のプロの本音をさらに2人の名医がチェックするという徹底ぶり。

トリプルチェックまでされているので、信憑性は非常に高いです。

あのメンタリストDaiGoさんや脳科学者の茂木さんなど!

 

それぞれの分野の専門家が

  • 消化
  • 食事
  • 食べ方
  • 歯磨き
  • 禁煙
  • 歩行
  • 生産性向上
  • マインドフルネス
  • うつ病
  • 疲労回復
  • 水虫
  • 睡眠
  • 不眠

など、1日の始まりから終わりまで必要な本当に正しい健康情報について書かれています!

 

今日はそんな本の中から、ぼくが気になった『食事、歩行、睡眠』の分野ついて紹介していきます!

 

よく噛んで食べなさいは正しい教えだった

 

オリンピック選手の栄養サポートをしている石川さんが言うには、

  1. 動く、寝るを邪魔しない食べ方をすること
  2. よく噛むことを意識して食べること
  3. 主食、主菜、副菜を1.1.2の割合で食べること

がベストパフォーマンスを引き出す食べ方だそうです。

 

その中から今すぐにでも改善できることが、よく噛んで食べること。

よく噛んで食べることで、唾液がたくさん出て、胃や腸で消化・吸収されやすくなるようです。

 

何を食べるかを気にする人は多いのですが、どんなに体にいいものを食べても、それが体内でしっかり消化吸収されエネルギーや血肉にならなくては意味がありません

何を食べるかだけではなく、どう食べるかも非常に重要と言っていいでしょう。

Office LAC-U代表:石川三知

 

たしかに、健康を気にするときは、栄養素だったり、食材を気にしてましたが、それより、どう体に吸収するかが大事だったんですね!

 

小さいころお母さんから、「よく噛んで食べなさい!」って言われてた時は

幼少期すん
 いつもうるさいなー 早く食べて遊びたいんだよー」

 

って思ってたけど、お母さん正しかったんだね...

あとで実家に行ってありがとうって言ってこう!笑

 

ちなみに、意識的に噛む回数は30回がベストだそうです!

実際にやってみたんですけど、めちゃくちゃあごが疲れる...

いかに普段よく噛んで食べてないかがわかりました。

30回はつらいって人は、10回でも20回でもいいので、意識的に噛む回数を増やすクセをつけるだけでいいのかなと思いました!

 

歩くだけでほとんどの病気が改善できる!?

歩きたくないすん
んなわけあるかーい!

 

車社会で、ぜんぜん歩かない沖縄県民のぼくにとっては、聞きたくない話でした...笑

 

長尾クリニック院長の長尾和宏さんが言うには

肥満の人は歩いて痩せれば、血糖値や血圧、コレステロール値や尿酸値が改善します。

だそうです。

 

また、ウォーキングはメタボ対策だけではなく、うつ病患者など心の病気の改善にもなるそうです!

歩くことで幸せホルモンといわれるセロトニンが分泌され、心が安定するという仕組みです。

上を向いて歩くのは、涙がこぼれないようにするためだけじゃなくて、落ち込んだ心も穏やかになる効果があったんですね!笑

 

ただ、歩き方にもいろいろあるし、どれぐらい歩けばいいかわかりませんよね。

そんな疑問に対し、長尾先生はこう答えてます。

どんな歩き方でもかまいません。肝心なのは、自分が楽しんで長く続けられそうな方法を選ぶこと

 

自分なりのスタイルでいいってところが、楽でいいですよね。

 

本書では全身を使った「デュアルタスクウォーキング」をおススメしていました。

最強の健康法

引用元:181ページ

詳しい方法は本書に書いてあるので、ぜひ読んでみてください!

 

 

睡眠から1日がスタートする

 

国立精神・神経医療研究センター部長の三島さんはこう言います。

睡眠とは、日中に活動して疲労が蓄積した脳と体を、いったんクールダウンし、その間に、さまざまな体内調整を行うためのものです。

何らかの理由で睡眠が足りなくなれば、体と脳は疲労回復と調整の機会を奪われ、それが続けば、認知症、糖尿病といった脳や体の病気を招きます。

 

それだけ大事な睡眠ですが、意外とおろそかにしている人は多いんじゃないでしょうか?

ぼくも、ブログを始めてから、

パパすん
寝てる時間がもったいない!

 

パパすん
睡眠時間を削ってでも書きたい!

 

寝るなんて、

あぁ損をしている あぁ損をしていた

もう眠らない 眠らないねない ねない誰かに会いに行こう

引用:ザ・カスタネッツ ねないねないねない

 

って思ってましたが、眠らないことが効率を下げる原因だったみたいです...

 

そこで、先生がおすすめする方法は、睡眠時間から1日のスケジュールを考えるやりかたです。

 

大体の人は朝起きてから、あーしてこーしてと予定を入れます。

そしたらやりたいことだらけで、どうしても睡眠が後回しになってしまう

なので、まずは睡眠時間から決めて、そのあとの予定をいれるといいそうです。

 

忙しいビジネスマンこそ、睡眠を最優先してスケジュールを決めたいですね!

 

最強の健康法【ベストパフォーマンス編】まとめ

 

  • よく噛んで
  • よく歩いて
  • よく眠る

 

こうしてみると当たり前のように見えますが、意外と無意識でやってないんですよね。

 

どの内容もお金をかけずに今すぐ実践できる内容ばかりです。

この本ではほかにも、

  • 朝食はとるべきなのか?
  • 正しい歯磨きのやり方
  • 禁煙の方法
  • 目を休める方法
  • マインドフルネス
  • デスクワークの正しい姿勢
  • 自分の心を守る方法
  • 水虫の予防

 

などなど、おはようからおやすみまでサポートしてくれる内容になっています!

 

世の中にあふれる怪しい健康情報に惑わされてたって人は、ぜひ読んでみてください!

 

今からでも遅くありません。

実家の両親にも、正しい情報を教えてあげましょう!

 

正しい知識で長生きしたいですもんね。

 

 

 

 

▼病気にならない最先端科学編もおススメです

最強の健康法

コメントを残す