【書評】子育ての悩みを最新科学で解決!『最高の子育てベスト55』

子育てって毎日が悩みの連続ですよね。

「どうやって寝かしつけるのか?」

「どの食事をあげたらいいのか?」

「知育には何が必要か?」

「テレビをどれぐらい見せていいのか?」

大切な我が子だからこそ、一番いい方法で育てたいものです。

こんにちは!

息子が『トイレに行きたい!』と教えてくれるようになって感動したブロガーのすん(@sun3blog)です。

僕も子育てで悩むことが多いのですが、ネットを見ても情報が溢れて、どれが正しいかわからない...

子育てについて調べれば調べるほど、わからなくなってしまう。

そんな悩みを科学的に解決してくれるのがこの本です▼

 

この本は、さまざまな実験・研究データに基づいた科学的に良いと断言できるような内容がてんこ盛りです!

子育てに関するテクニックが55もあるのですが、今日はその中から僕が実践しているものを紹介します。

 

忙しい人へ10秒ネタバレ
  • たくさん話しかける
  • 結果より過程をほめる
  • 食事は強制しない
  • 共感してあげる

 

話しかけるたびにIQが上がる?

3歳までに、親からたっぷり言葉を聞いた子供は、話しかけが少なかった子供より語彙力とIQが高く、成績が良くなります!

話しかけるときのポイントを2つ紹介します。

 

詳しく説明する

赤ちゃんは、まだ言葉がはっきりわからないので、

パパすん
〇〇でちゅねー

といった赤ちゃん言葉で話す必要は無いそうです!笑

例えばクルマが動いているのを見たら

パパすん
プップーだね

と言わずに、

パパすん
あれは「クルマ」っていう乗り物で、ガソリンという液体を入れて走るんだよ。

下に4つあるタイヤを回して前に進んでいるんだよ

と、できるだけ詳しく説明してあげると良いんだとか!

もちろん子供は意味が分からないので、ただ聞いて流しているように見えます。

でも、こういった詳しく話しかけることでだんだんとIQが高くなっていくそうです。

前向きな言葉で話しかける

例えば子供が水を飲むとき

パパすん
あーダメダメ、どうせこぼすからパパが飲ませるよ!

と言わずに

パパすん
おっ!コップでお水飲むんだ!
パパすん
あっ!水がこぼれたね。

でもコップを使うのって難しいんだよねー。

パパすん
よし!もう一度やってみよう 

と前向きな言葉で話しかけてあげましょう!

 

命令口調はNGで、お願いするように話しかける

「~しなさい、~しろ」より「~してくれる? ~できるかな」と丁寧に頼んでみましょう。

そして子供が実際にやってくれたら、『ありがとう』と感謝の気持ちを伝えることも大事です。

子供だけど、子供として見ないで、個人として丁寧に対応してあげることがいいのかなと思います。

 

結果より過程を褒める

子供ががチャレンジしたら、結果より過程を褒めることが大切で、これは1歳からでも効果があるそうです。

結果と過程のどちらを褒めるかによって子供は2種類のタイプに。

結果を褒められた子供は「成功とは生まれつきの才能や頭の良さの結果」だと信じている子に。

過程を褒められた子供は「成功とは一生懸命がんばった結果」と信じている子に育つそうです。

結果を褒められた子供は、もし挫折や失敗してしまうと「自分には才能がないから失敗したんだ」と追い詰められた気持ちに。

過程を褒められた子供は、「失敗や挫折があったとしても努力すれば成功する」といった考えになるので、困難な課題にも粘り強く挑戦し続けることができるのです。

頭がいいね⇒頑張ったね

足が速いんだね⇒いい走りだったね

と過程をほめてあげるように気をつけたいですね。

 

無理やりご飯を食べさせない

親としては、せっかく作った料理を子供に全部食べて欲しいですよね?

でも無理やり食べさせようとすると、食事がイヤになり、好き嫌いを作る原因にもなるそうです。

そこで、子供が食べ残しをしたときには

パパすん
ひと口でもいいから食べなさい!

と無理やり食べさそうとするやり方はNGです。

全部食べてほしい気持ちはガマンして、食べるかどうかは子供に決めさせてあげましょう。

また、子供が決めた時間以外に食べ物をねだってくるようなら、言うことを聞いてあげるのではなくて水を与えるといいようです。

規則正しい食事の時間を守ると、1日のリズムが体に染み込み、睡眠がスムーズになるそうです!

 

ダメと言わず共感してあげる

子供の気持ちになって考えてあげるととっても気持ちがラクになります!

例えば夜泣きされたとき、父親の目線だと、

パパすん
夜から起こされてうるさい!

明日も仕事あるのに!

といった気持ちでイライラ。

しかし赤ちゃんの目線で見てあげると、

  • うんちしてお尻が気持ち悪いんだよねー
  • お昼の刺激が強くて眠れないんだよねー
  • 目が覚めたらさっきまで抱っこしていたお母さんがいなくて驚いたんだよねー
  • よしよーし

って気持ちになれると思います。

これは赤ちゃんだけじゃなくて幼児にも使うことができます。

「おもちゃ欲しい!」とねだられたときも頭ごなしに「ダメ!」と言うのではなく、一度は共感してあげましょう。

パパすん
そうだよね、あれかっこいいよね。

欲しいよね、だけど今は〇〇だから買えないんだ

一度共感してあげると、子どもは「親は自分の気持ちをわかってくれているんだ!」と安心するそうです。

 

子育ての悩みを最新科学で解決!『最高の子育てベスト55』まとめ

まとめ
  • たくさん話しかける
  • 結果より過程をほめる
  • 食事は強制しない
  • 共感してあげる

この本には他にも、すぐ使えるようなテクニックがたくさん書かれています!

  • 生活習慣
  • 良い遊び方
  • 子供との交流の仕方
  • しつけの方法

などなど!

子育てに関して悩んでいるお母さんお父さんに役立つ1冊だと思います!

最後に、作者のトレーシーさんはこう言ってます。

子育てにおいて本当に大切なことは、シンプルです。一緒にいるときにたっぷりかまってあげる。たくさん話しかける。きっぱり、かつ温かくしつける。たくさん抱きしめる。そして、たくさんの睡眠を取らせてあげる。

子育ての細かいテクニックも大事だけど、一番大切なのは、愛情をもって当たり前のことを当たり前にやってあげる事ではないでしょうか。

気力も体力もいる子育てですが、子どもと一緒に楽しく成長したいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

あわせて読みたい

これで子育てのイライラがなくなる!『マンガでよくわかる怒らない子育て』

コメントを残す