誰でもカンタンにできる!集中力を高める5つの方法とは?

「1つのことになかなか集中できない」

「途中で集中力が切れる」

「頑張っているけど仕事が進まない」

そういった経験ありませんか?

それって、あなたの脳の使い方に問題があったからかもしれません。

今回、紹介する書籍『神・時間術』を読めば、効率よく脳が使えて集中力アップします!

この本の著者樺沢さんは精神科医の先生なのですが、この人の仕事量がとんでもなく多いんです!

  • 本の出版に向けて執筆
  • メルマガ、YouTube、Facebook、ブログを毎日更新
  • 月6回以上の病院診療
  • 月20冊以上の読書と書評
  • 月2~3回のセミナー開催
  • 週4~5回ジム通い
  • 週2本の映画鑑賞

などなど!

このような活動を7年間も継続しているようです!

しかも、睡眠時間もちゃんと確保していて、毎日7時間以上寝ているとか。

効率化の変態レベルです。笑

しかし、この先生が特別な才能を持っているわけではないのです。

脳科学的に効率よく取り組むことで、人の4倍仕事して2倍遊んでいるんです。

「神・時間術」から僕が実践している、集中力を高める方法を紹介します。

集中力が続かない原因とは

そもそも、集中力ってずっと続かないのです。

集中力を高めるには2つの方法があります。

  • 1日の中で集中力の高い時間帯を使う
  • 落ちてきた集中力を回復させる

この2点を意識すると集中力を高めることができますが、集中力が低い人は、

  • 集中力が高い時間に集中力を使わない作業をする
  • 集中力が減ってるときに集中しようと頑張る

となっています。

集中力を高める5つの方法

神時間術より、僕が実践している集中力を高める5つの方法について紹介します。

どれもすぐにできる事ばかりです!

あなたができそうな事から取り組んでみてください。

朝のゴールデンタイムを活用する

筋トレした後のゴールデンタイムにプロテインを飲むと効率よく吸収される。

って聞いたことありませんか?

あれと似ていて、朝起きてからの2~3時間は脳にとってのゴールデンタイムのようです。

朝起きてすぐは脳が疲れていないので、集中力がいる仕事をやると効率よくできる仕組み。

しかし、あなたはこの貴重な朝の2時間にテレビを見たり、メールチェックしたりしてませんか?

僕もそうでした。

そこで、オススメは下の3つです。

  • 通勤時間に読書
  • オーディブルなどで本を耳で聞く
  • 通勤時間を早くして集中力がいる仕事をする

実際にやってみたのですが、朝早く通勤して、昨日やりかけていた仕事をすると、とってもスムーズに終わりました!

頭もスッキリしているし、電話や話しかけてくる同僚もいませんし。笑

適度に休憩を入れる

何時間も集中できる人はいないのです。

集中力がずっと続いているように見える人は、ちょいちょい休憩をはさんで、集中力を回復しています。

個人差はありますが、集中力の限界は下の3つに分けられます。

  • 15分(かなり深く集中できる時間)
  • 45分(小学生が集中して取り組める時間)
  • 90分(大人がなんとか集中できる時間)

この時間を意識して、休みつつやると集中力が続きます。

僕はこのテクニックを仕事や読書をするときに使っています。

集中した作業をやるときは『BeFocusedPro』というアプリを使っています。

Be Focused - Focus Timer

Be Focused – Focus Timer
開発元:Denys Yevenko
無料
posted withアプリーチ

これがすごく便利で、15分たったら5分の休憩を教えてくれるので、いちいち時間を気にせず作業に取り組むことができます。

このアプリについては今度詳しく紹介します!

15分~30分の昼寝をする

「仕事が忙しくて、昼寝している時間なんかない!」

という人もいると思いますが、昼寝は午後の効率を上げるために非常に重要なもの。

朝の集中力が100%だったとしたら、午後になると、70%、60%とどんどん減ってくきます。

そんな状態で仕事をしても効率悪いですよね。

そこで、落ちた集中力戻す方法が昼寝です!

NASAの研究によると、26分の仮眠で仕事の効率が34%アップ、注意力が54%アップしたとか。

昼寝はおすすめですが、30分を超える長い昼寝は逆に健康的ではなく、アルツハイマー病のリスクが2倍増加します。

30分以内で自分に合った時間を探せるといいですね。

軽い運動をする

運動をすることも集中力を取り戻す方法の1つです。

運動することによって脳の活性化し、能力が高まるのです。

詳しい効果は書籍に書かれているので気になったら読んでくださいね。

サラリーマンの場合は、お昼時間に運動するのは難しいと思うので、階段の上り下りや、5分ぐらい外に出かけてみるのもありかもしれません。

[スポンサーリンク]

睡眠とちゃんととる

睡眠をちゃんと取ることが、集中力を続ける秘訣。

朝から夕方までがっつり仕事をして疲れたあなたの集中力はもう残り少ないです。

持ち帰りの仕事をしたり、勉強しようとしても集中力がだいぶ低下しているので効率が悪い。

なので、夜はきちんと体を休めて7時間以上寝ることが次の日また元気よく仕事をできる秘訣。

睡眠時間を削ると、なんと、がんのリスクが6倍、脳卒中は4倍、心筋梗塞は3倍も上がるんです!!

寿命を縮めてまで夜更かししたくありませんよね。

体をちゃんと休めて、次の日の朝またフル稼働する方が効率がいいですね。

集中力を高める5つの方法まとめ

  • 朝の2~3時間に集中する仕事をする
  • 適度に休憩を入れる
  • 15分~30分の昼寝をする
  • 軽い運動をする
  • 睡眠をちゃんととる

この先生ほど効率よくできるかわかりませんが、僕もこの5点を意識しながらブログを書いていこうと思います!

とりあえず今週からやってみるので、効果があればまた記事にします!

『神・時間術』には他にも、

  • 朝すっきり起きる方法
  • 午後集中力を取り戻す方法
  • 運動で集中力を高める方法
  • 夜の正しい過ごし方
  • 仕事の時間術

などが279ページのボリュームで書かれています!

時間を効率よく使い、人生を1秒もムダにしたくない人はぜひ読んでみてください!

 

 読書好きなら著者のこの本もどうぞ!

 

あわせて読みたい

読んだら忘れない読書術

コメントを残す