その保険ホントに必要ある?わたしが保険を解約したワケ

どうも、ブロガーのすん(@sun3blog)です。

保険って入っていますか?
自動車、医療、生命、がん、建物、学資など色々ありますよね。

わたしは生命保険、医療保険、自動車保険、学資保険の4つに入ってました。

保険料は合わせて年間約30万円!ひえー

今日はそんな保険を解約した経緯をお話します。
 

1.そもそも保険とは?

火災・死亡・病気等の偶然の事故による損害を補償するため、多数者が一定の資金(=保険料)を出し合い、実際に事故があった時その者に一定金額(=保険金)を与える制度。
出典:goo辞書

ざっくり言うと何かあったときのためにみんなでお金を貯めて、困っている人が出たらその人にお金をあげる助け合いの精神ですね。

保険の前史として、紀元前2-3世紀の中国やバビロニアにおいて、商人が荷物を紛失・強奪された際の補填が行われていた。地中海貿易では冒険貸借という、保険金を商船の出航前に受け取り、商船が無事に商売を終えると保険金に利子をつけて返還する仕組みがあった。日本にも、古くから社倉・義倉、頼母子講(たのもしこう)、抛銀(なげがね、投銀)、海上請負など、保険に類似した仕組みはあった。しかし、今日の保険は、明治維新のときに欧米の保険制度を導入して始まったものである。
出典:Wikipedia

保険の歴史は長いですね。

沖縄にも頼母子講に似た、「もあい」という文化があります。
月に1度、お金を持ち寄り交代制で誰かがお金を貰うという仕組みです。

今では、飲みに行く口実でやっている人が多いと思いますが…笑

そんな紀元前からある生活に身近な保険ですが、その本質とは…
 

2.保険の正体は不安ビジネス


多くの人は万が一の補償(お金)という意味合いで保険に入っているのではなく、何かあっても大丈夫という安心のために入っている気がします。

人は安心をお金で買っているのです。

人生で2番目に高い買い物とよく言われますが、不安を解消するために深く考えずに保険に入る人がとても多い。

わたしもその一人で、入るか入らないかではなく、どの保険に入るか?といった入る前提の考え方になっていました。笑

完全に思考停止状態です、反省。

しかし、保険に入ってから5年たち、色々と考え方が変わって今では保険を全て解約するようになりました。

次の章からわたしが保険を解約した理由は紹介します。

3.生命保険は必要か?

「万が一に備えて、残された家族が不自由なく暮らせるために入りましょう」

こんなこと言われたら不安になりますよね。
わたしはこのフレーズを聞いて将来が不安になり速攻で入りました。笑

しかし、今では考えが変わりました。
「残された家族は自分たちで生きていける」と

昔は夫が仕事へ行き、妻は家で専業主婦が主流でした。

働き口である夫に何かあると生活できない!だから保険が必要!みたいな考え方が定着していたんだと思います。

しかし、今は1億総活躍社会。
専業主婦なんて概念はなくなりつつあり、共働きが主流になっています。

なので、妻と話し合った結果「自分にもしものことがあっても残された家族は自分たちで生きていける」という考えになりました。

まぁ、何かあっても遺族年金や寡婦年金など国からの保障もありますし。

何より、妻個人の一人でも生きていく力を信じているというのもあります。

残された家族のことを考えるなんておこがましいとは思わんかね。(ブラックジャック風)

4.自動車保険は必要か?

保険に否定的な私ですが、自動車保険は悩みました。
なぜかというと、もしもの確率が高いからです。

わたしは毎日通勤で40キロ運転していたので、その分事故の確率も上がります。

車を所持していても乗る機会が少ないのなら入る必要はないと思いますが、毎日車に乗るなら入ることをお勧めします。

後は運転が荒い人や、初心者、運転に自信がない人は入っといたほうがいい気がします...
 

5.医療保険は必要か?

日本には「国民健康保険」や「高額療養費制度」などがありますから必要性を感じなくなってきました。

このサイトが詳しく書かれていてわかりやすかったです。
貯蓄150万円あれば医療保険は必要なかった!?保険選びの考え方

6.学資保険は必要か?


「子どもの将来のために積み立てましょう」これもよく聞くフレーズです。

これも思考停止で即加入しましたが、今ではこどものためを思うなら毎月の保険料を子どもに投資するほうがいいと考えるようになりました。

本を買ったり、外で体験させたりなど。

確かに毎月1万ずつ積み立てるとこどもが17、18歳になる頃には200万ちょっとが貯まります。

しかし、毎月の1万円を保険に払うよりこどもの教育費にあてると17歳の頃には200万以上の価値をもった子になります。多分

そのほうが子どもの将来の選択肢が増えると感じ、解約しました。
 

7.今日のまとめ

保険に入らないほうが正解ってことではないです。

将来に不安を感じる人は保険に入って安心を買えばいいし、不安なんてない!今を楽しむぜ!って人は入らなくていいし。

ただ、みんなが入っているからという理由だけで入るのはとても危険。

入るなら自分に必要か考え、自分にあった保険を選べるといいですね。

ありがとうございました。ではまた。

コメントを残す