無意識の思い込みに左右されなくなる4つの方法

こんにちは、メンタルコーチの仲村渠(なかんだかり)です。

このブログでは、自分らしさを最大限に発揮して周りに貢献する、豊かな生き方・働き方を実現するために必要な心理学・脳科学・コーチングの知識を書いています。

前回の記事で「無意識の領域にある思い込みによって人生が99%左右される」とお伝えしました。

まだの方はこちらよりどうぞ

今回の記事では、その無意識の思い込みに左右されなくなる4つの方法についてお伝えしていきます。

  • ついつい思考や感情に振り回されてしまう人
  • 理想はあるけどなかなか行動ができない人
  • 思い込みを手放してもっと自分らしく生きたい人

は最後までご覧くださいね!

思い込みは切り離す

前回の記事でもお伝えしましたが、思い込みとは、信念・価値観・世間一般の常識・過去の記憶という特徴があり、繰り返しインプットすることで、無意識に定着します。

【頑張るほうが素晴らしい】という価値観を繰り返し聞いてきた人は、【頑張らなきゃいけない】という思考が浮かんできて、辛くて休みたくても、ついつい頑張りすぎてしまう。

【早くしなきゃいけない】という価値観を繰り返し聞いてきた人は【早くできた方が素晴らしい】という思考が浮かんできて、何かに駆り立てられるような感覚になってしまう。

思い込みを長年使い続けているから、頭に浮かんでくる思考が自分のものだと勘違いしているんですよね。

図のように、自分の無意識と思い込みが合わさっているような状態。

これを心理学用語では「自己同一化」といいます。(あ、覚えなくていいですよ。笑)

イメージでいうと、無色透明なメガネをかけているような感じで、自己同一化しているときは、その頭に浮かんでいる思考が思い込みとすら気付かないんですよね。

ここで大事なのは、頭に浮かんでくる「〇〇するべき」「△△でなければならない」というような思考は、生まれ持ったものではなく、後天的に身につけたもの。

ナカンダカリ

赤ちゃんで「ハイハイを頑張らなきゃいけない!」「早く寝返りできるようにならなきゃ!」なんて子いないですよね。笑

すべての思い込みは後から身についたものであり、大抵が偏った捉え方で、真実ではないのです。

なので、思い込みは【気づいて切り離す】ということが必要になってきます。

「あー!自分ってこんな思い込みしてたんだ!」と気づけるようになると、その時点で思い込みが切り離されているので、思考に左右されにくくになっていくんですよね。(上の図の右側の状態)

これを心理学用語では「脱同一化」といいます。(あ、これも覚えなくていいですよ。笑)

黒いレンズの眼鏡をかけたら、世界が黒く見えるように。

赤いレンズの眼鏡をかけたら、世界が赤く見えるように。

自分がどんな思い込みを持っているかで、見えてくる世界は変わってきます。

思い込みに気づき切り離して左右されなくなるだけで、人生はガラッと変わっていくんですよね。

無意識の思い込みに左右されなくなる4つの方法

では、どうやって自分の思い込みに気づけばいいのかというと、セルフクリエイトノート術講座では、この4つの方法をお伝えしています。

  1. マインドライティング
  2. 感情にフォーカスする
  3. 理想と現実のギャップ
  4. プロからのフィードバックを受ける

1つずつ説明していきますね!

1.マインドライティング

セルフクリエイトノート術講座の受講生さんには、最初にやっていただいてるノートワークなんですけど、やり方はめちゃ簡単で。

「頭に浮かんだことを、ただひたすら紙に書き出すだけ」

ナカンダカリ

めちゃくちゃシンプルなワークですが効果は絶大なんですよね!

クライエントさんの中に、やりたいことがあっても、ずーっと1歩踏み出せない方がいたんですけど、このノートワークを開始して、たった2週間で起業した方もいました♪

手を止めずに頭に浮かんだ思考を書き出すことで、普段自分がどんな思考パターンをしているのか?ということが客観的にわかるようになってきます。

「エクスプレッシブライティング」「モーニングページ」「書く瞑想」など色々な呼び名はあるのですが、個人的にはマインドライティングと呼んでいます。

このワークの詳しいやり方や、思考に左右されなくなる以外の効果については、書けば長くなるので、また別の記事でお伝えしますね!

2.理想と現実のギャップ

2つ目の方法としては「理想と現実のギャップ」に意識を向けると良くって。

というのも「こうなりたいけどできない」というギャップには、何かしらの思い込みが隠れているんですよね。

たとえば

・本当は人に頼りたい【理想】
・でも一人で抱え込みすぎて疲弊してしまう【現実】
・人に頼ってはいけない【思い込み】

・本当はもっとゆとりある働き方をしたい【理想】
・でもスケジュールに空きがあると、つい予定を埋めてしまう【現実】
・何もしてない時間はムダ【思い込み】

・本当はもっと収入を増やしていきたい【理想】
・でもお金を素直に受け取ることができない【現実】
・私にふさわしい収入は〇〇ぐらい【思い込み】

このように自分を制限している、何かしらの思い込みが隠れているんですよね。

「私は理想を叶えることができない。だって〇〇だから」という感じで、空欄を埋めると、理想を邪魔する思い込みが出てきやすいですよ!

ナカンダカリ

ちなみに、起業初期の僕は「自分にはお金を稼ぐ才能がない」なんて嬉しくない思い込みを持っていました。

今となってわかるのは、好きを仕事にして収入を得るのに才能なんて必要ないんですよね。

思い込みを書き換えて、正しい努力を積み重ねていくと、月商7桁を達成することもできましたよ♪

3.感情にフォーカスする

認知行動療法

無意識の思い込みに気づく3つ目の方法としては、感情にフォーカスをしていきましょう。

過去の記事で詳しくお伝えしているんですけど、僕たちって、感情が発生する原因は何かしらの【思考】があるからなんですよね。

【だらだら休む】という出来事に対して【罪悪感】を感じる人もいれば、何も感じない人もいる。

罪悪感が出てくる人は、「ダラダラしてはいけない」「頑張らないといけない」「しっかりしなきゃいけない」という思い込みが隠れているかもしれません。

他にも、【パートナーが話を聞いてくれない】という出来事に対して【怒り】を感じる人もいれば、「今日は疲れていたのかな?」と全然イライラしない人もいる。

怒りが出てくる人は、「私は大切にされていない」「私のことをわかってくれていない」「夫婦は仲良くするべき」というような思い込みが隠れているかもしれません。

感情が出ているということは、その前に必ず思い込みがあるのです。

ナカンダカリ

1日を振り返って「今日はどんな感情があったかな?」「その感情が出るってことは、どんな思い込みがあるんだろう?」と内観すると良いですよー!

4.プロからのフィードバックを受ける

無意識の思い込みに気づく4つ目の方法なんですけど、信頼できるプロのコーチからフィードバックを受けるがお勧めです!

というのも、人って意外と自分のことを自分でわからないものですし、ネットや本で調べた内観ワークをやっても、正しい方法でできているのか?

間違った方法で解釈していないか?自分では気付かないんですよね。

ある程度セルフコーチングで内観することはできるのですが、コーチングを本業として活動している僕ですら、無意識のうちに思い込みに左右されていることがあります。

だから僕は今でも、自分よりも視座も視野も広い尊敬する方に定期的に見てもらい、フィードバックを受けるようにしているんですよね。

自分一人で抱え込まずに、信頼できるコーチに見てもらう方が、望んでいる人生へステージアップしやすいですよ!

ナカンダカリ

ある程度自分でやってみて、しっくりこないなら身近にいる信頼できるコーチに頼ってみましょう♪

人生は1度きりで有限だから、幸せに変わるなら早い方がいいですからね!

 

というわけで、今回の記事では、無意識の領域にある思い込みに気づく方法について、お伝えしました。

次回の記事では、そのコアな思い込みを書き換え・手放していく方法についてお伝えしていきますね!

ライフシフトセッション

個別相談・体験セッション

ライフシフトセッションとは、潜在意識を書き換えることで、今の自分の殻を破り、軽やかにステージアップする個別セッションです。

 

「無理して頑張らなくても」「複雑で難しいことをしなくても」自分らしく楽しみながら変化成長していくことができる。

 

今年こそ突き抜けて、ビジネスもライフスタイルも理想の状態にシフトしていきたい!

 

一度しかない人生を、自分らしく楽しみながら周りにも貢献していきたい!

 

と思っている方は、個別相談・体験セッションへ参加されることをオススメします。

コメントを残す