周りへ頼れず一人で抱え込んでしまう本当の理由と解消する3ステップ【ワーク付き】

こんにちは、メンタルコーチの仲村渠(なかんだかり)です。

このブログでは、心理学・脳科学・コーチングをベースに、潜在意識を書き換え、自分らしさを最大限に発揮して周りに貢献できる。そんな豊かな生き方・働き方を実現する方法を体系的にお伝えしています。

あなたは、なんでも1人で抱え込んでしまうことってありませんか?

  • 周りの人へ素直に頼れない
  • 自分の弱みを打ち明けられない
  • ついつい一人で頑張りすぎてしまう
ナカンダカリ

自分で頑張ることも大切ですけど、一人で抱え込みすぎると、最終的にはキャパオーバーして、余計に周りへ迷惑をかけてしまいますよね…(経験者は語る)

そこで今回

  • そもそもなぜ、1人で抱え込んでしまうのか?
  • どうやったら周りの人へ素直に頼れるようになるのか?
  • もし、頼ったのに断られてしまった場合は?

についてまとめました。

この記事を読んで必要なことを実践していけば、あなたも周りの人に頼れるようになりますので1人で抱え込んで悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

なぜ、1人で抱え込んでしまうのか?

周りの人に頼りたいんだけど、つい1人で抱えて頑張りすぎてしまう…

その理由って色々あると思うんですけど、結局のところ無意識の領域にある思い込みが原因なんですよね。

前提知識として、僕たちは頭で考えていることよりも、無意識の領域にある思い込みの方が優先されるようになっています。

たとえば

・人に頼れるようになりたい【意識/本音】
・人に頼ってはいけない【無意識/思い込み】

このように意識と無意識が対立している場合は、「〇〇したいんだけど、なぜかできない…」というような葛藤を生み出してしまいます。

どうやったら周りの人に頼れる自分に変わるのか?

セルフクリエイトノート術講座の受講生さんの中には「人に頼ることができないのは、私の昔っからの性格のせいなんです…」という方もいます。

ただ、一度考えて欲しいんですけど、”産まれてから今まで1度も他人に頼ったことない人”なんて存在しないじゃないですか?

覚えていないだけで僕たちは元々、人に頼ったり甘えたり、素直に助けてを言えてたんです!(子供の頃なんて、親に頼りっぱなしですよね。)

ただ、ある日を境に「人に頼っちゃいけないんだ!」という思い込みを身につけてしまったというだけなんです。

ナカンダカリ

ということは、【人に頼ってはいけない】という思い込みを書き換えることができたら、昔のように素直に周りの人へ頼れるようになりますね♪

また、全ての出来事には2面性があるので「人に頼る」ことのポジティブな要素もあれば、ネガティブな要素もあります。

周りに頼れないという人は、ネガティブな側面しか見えていない可能性が高いので、内観しながらポジティブな側面も見れるようになると、思い込みを書き換えて、素直に周りへ助けてが言えるようになっていきますよ!

【ワーク付き】周りの人へ素直に頼れるようになる3ステップ

というわけで、実際に思い込みを書き換えて、周りに頼れるようになるための3ステップをワーク付きでご紹介します。

思い込みの書き換え方法は、いくつかあるのですが、その中からイメージとノートを使ったワークをお伝えさせてもらいますね。

思い込みを書き換えるノートワーク

1.悪いイメージを書き出す
2.良いイメージを書き出す
3.自分を幸せにする行動をとる

1つずつ説明していきますね!

1.悪いイメージを書き出す

まずは、やりたいけどできないと感じていることに対して、なるべく自分の中の悪いイメージを書き出していきます。

今回の場合だと「自分にとって人に頼るということは?」について思い浮かぶだけの悪いイメージを書き出してみてください。

たとえば、自分にとって人に頼るということは…

というようなイメージを持っている人もいるかもしれません。

ナカンダカリ

正解はないので、自分の頭に浮かんだ悪いイメージを書き出してみてくださいね!

2.良いイメージを書き出す

今度は逆に、「人に頼る」に対して良いイメージ(楽しい・ワクワク・エネルギーが上がる)を思いつく限り書き出してみてください!

たとえば、自分にとって人に頼るということは

相手から喜ばれる/相手を信頼している/有り難さを感じられる/物事がスムーズに進む
効率がいい/速いスピードで実現する/お互いの絆が深まる/仲が良くなる

という感じで良いイメージがたくさん出てくると、「人に頼るって悪いことだけじゃないんだ!」最初に比べて、抵抗感はグッと減ってくると思います♪

3.自分を幸せにする行動をとる

最後は、イメージを変えるだけじゃなくて、実際に行動に移してみましょう!

人って行動することによって、思い込みが書き換わっていくので、自分を幸せにするために具体的な行動を変えていきましょう。

たとえば

パートナーにお願いをしてみる/部下に任せてみる/友達に弱みを打ち明けてみる
コーチ・カウンセラーに相談してみる/両親に頼ってみる

などなど、最初は慣れないので、気恥ずかしさやもどかしさがあると思いますが、大丈夫です!

もうあなたは、人に頼ることについて、悪いイメージだけじゃなくて、いいイメージも持てたはず。

ナカンダカリ

また同じように一人で抱え込もうとするときは「人に頼るってことは悪いことじゃないんだ!」とマインドセットしながら、勇気ある1歩を踏み出してみてくださいね!

もし、頼ったのに断られてしまったら?

勇気を持って周りの人に頼ってみることで「あ、意外とみんな助けてくれるんだ!」「頼っても大丈夫なんだ!」という気づきを得るかもしれません。

ただ、中には、勇気を出して頼ってみたのに「忙しいから無理です」「ちょっと後にしてくれる?」みたいな感じで、断られてしまう…なんてこともあるはずです。

「やっぱり自分は頼っちゃいけないんだ…」元の自分に引き戻されないために、最後に3つのマインドセットをお伝えさせてもらいますね。

①自分の課題と相手の課題を分ける
②断られても自分の価値は変わらない
③断られたときの感情は自分で感じ切ってあげる

これも1つずつ説明していきますね!

①自分の課題と相手の課題を分ける

1つ目のマインドセットとしては、まず、相手がどんなリアクションをするかって、こちら側がコントロールできないことなんですよね。

「私が頼ったら必ず受け入れろー!」って強制ですし、「頼られたら必ず受け入れないといけない」っていうのも思い込みですよね。

なので、大切なのは、コントロールできること/できないことを見極めること

そして、自分がコントロールできることに集中するってことが大事です。

この場合だと、コントロールできることは、自分が相手に頼ることですよね。

素直に頼ってみる【自分の課題】
受け入れる/断る【相手の課題】

ナカンダカリ

自分の課題と相手の課題を切り分けて、自分ができることに意識を向けて、行動していきましょう!

②断られても自分の価値は変わらない

2つの目のマインドセットとしては、たとえ断られたとしても、自分の価値は変わらないということ。

というのも、断られる=自分に価値がないを結びつけてしまって、頼ったり相談することを躊躇する人が多いんですが。

別に断ること自体に良い悪いはないし、もしかしたら、相手にも手助けする余裕がなかっただけかもしれないですよね。

ナカンダカリ

断られることは、自分の価値が下がるわけじゃないし、自分を否定されているわけじゃない!

と、マインドセットしながら、行動してみてくださいね!

③断られたときの感情は自分で感じ切ってあげる

最後のマインドセットは、感情を感じ切ってあげるということ。

というのも、頼ったのに断られたとき、人って

悲しさ/寂しさ/悔しさ/もどかしさ/不安

などなど、色んな感情が出てくると思います。

どっちかというとネガティブな感情なので、なるべく感じたくないなーって人もいると思いますが、どんな感情も大切なもの。

湧き出てきた感情を感じないようにすると、いろんなデメリットがあるのですが、一番は

「頼ったのに断られたら、また嫌な気持ちになってしまう…」

「だったら、もう頼らずに自分一人で頑張ろう」

と、元の自分に引き戻されてしまうということです。

そうならないためには、浮かんできた感情を否定したり、見ないフリをせずに、自分で受け止めてあげる。ということが重要になってきます。

ナカンダカリ

「あー、断られて悲しいなぁ」という感じで、自分の浮かんできた感情を自分で受け止めてあげましょう!

この辺は後日「感情に振り回されない方法」という別の記事で書きますので、そちらを繰り返しご覧くださいね!

【まとめ】自然と周りの人に頼れる自分に変わる方法

ということで、一人で抱え込まずに、周りの人に頼れるようになる方法と、頼ったのに断られてしまったときの3つのマインドセットについて書きました。

なんでも自分一人で抱え込まずに、周りの人に頼れるようになると、人生がかなりラクになりますし、助けてくれた相手への深い感謝や、人との繋がりを感じることもできるようになります。

自分のできることで周りに貢献して、自分のできないことは周りに助けてもらう。

そんな持ちつ持たれつの豊かな世界にシフトするために、ぜひこの記事を繰り返し読んで、ワークを実践してみてくださいね!

ライフシフトセッション

(個別相談会/体験セッション)

 

無意識の領域にある思い込みを書き換えることで、自分らしい価値観や使命に沿った生き方・働き方へステージアップする。

そして、自分本来の可能性を発揮しながら、周りに貢献して幸せや豊かさの循環を広げていく。

 

そんな理想の未来へグイッとシフトするために、心理学/脳科学/コーチングをベースにしたオリジナルメソッドでサポートする、完全個別のコーチングセッションです。

 

周りの価値観に左右されずに、もっと自分らしい人生に変えていきたい!

今の自分の殻を破って、ビジネスもライフスタイルも理想の状態にシフトしていきたい!

 

そう思っている方は、個別相談会/体験セッションへご参加ください。