なんでも一人で抱え込むには理由がある「助けて」が言えない2つの原因とは

こんにちは!

潜在意識を使って

論理的に夢を叶える

メンタルコーチの仲村渠です。

 

なんでも1人で抱え込んでしまうことってありませんか?

「気がついたら、いつも一人で抱え込んでいる」

「誰にも助けてと言えない」

抱え込みすぎると、最終的に処理しきれずパンクしてしまいますよね。

そこで今回

  • なぜ一人で抱え込んでしまうのか?
  • どうやったら人に助けを求められるのか?

についてまとめました。

この記事を読めば、あなたも人に頼れるようになります。

一人で抱え込んで悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

潜在意識ノート術オンライン講座【1期生】

なぜか人に頼ることが出来ない

困っている人を見かけたら助けてあげますよね。

でも、逆に自分が困っているときは「助けて」って言いづらい…

僕も仕事で、ひとりじゃ解決できないことを、ずーっと抱え込んでいた時期がありました。

  • 自分一人で抱え込む
  • 締め切り間近まで終わらない
  • パニくる
  • 周りが気づく
  • みんなに手伝ってもらう

「なんで自分は人に頼ることが出来ないんだろう」

そう悩んでいました。

でも、心理学を勉強して『人が一人で抱え込むには2つの理由がある』ということに気づきました。

次でその理由について説明していきます。

一人で抱え込む2つの理由

一人で抱え込む2つの理由
  • お返しすることに抵抗があるから
  • 自尊心が傷つけられるから

この二つが主な原因なんです。

お返しに抵抗があるから

人は誰かに助けてもらうと「返報性の原理」というものが発生します。

 

返報性の原理とは?

助けてもらった人が、相手に『お返しをしないといけないって気持ちになること

 

プレゼントとか貰ったら、「何かお返しをしなきゃ」って気持ちになりますよね。

その助けてもらったら、必ずお返ししなければならないという義務感が心理的負担になってるのです。

「借りを作ったら返さないといけない」

そんな気持ちになるのがイヤで、助けが必要な場面でも助けを求めないのです。

自尊心が傷つけられるから

これは、僕が一番当てはまってました。

助けを求めない人は、

助けを求める=自分は能力が低く、自分一人では解決できない

と感じているのです。

 

  • 自分のマイナスな面、弱い部分を認めなきゃいけない。
  • 周りから「あいつはこれぐらいも出来ないのか?」って思われたくない。

プライドが高い人ほど、助けてって言えないんです。

仕事をひとりで抱え込むと周りが迷惑する

僕も経験したからわかります。

自分ひとりで抱え込むと、本当に周りが迷惑するんですよ。

僕はどんなに仕事がいっぱいあっても、周りから手伝おうか?って言われても、ほとんど断っていました。

「自分ひとりでやってやる!」

「ひとりでテキパキ終わらせたほうがかっこいい」

と弱い部分を認めることを恐れて、がむしゃらに仕事をこなしていました。

最終的には、納期に間に合わず周りに迷惑をかけてしまいました。

今思えば、「あのとき周りに頼っていたらもっとラクだったのになぁ」と感じてます。

もっと人に頼ろう

恥もプライドも、損得勘定も全部捨てて、周りに頼りましょう。

出来ないなら出来ないと周りに言いましょう。

恥ずかしいし、弱さを認めるのは怖いけど、それでも周りを頼りましょう。

どんなに頑張っても一人でできることは限られています。

早めに自分の限界を知って、周りに相談しましょう。

また、相談するならなるべく早めに相談したほうが、対策も出来ますし、周りとしても楽なのです。

頼ることは悪いことじゃない。

その代わり、逆に周りから頼られたら全力で応えてあげる。

そんな気持ちが大事なのかなと感じます。

【まとめ】なんでも一人で抱え込む理由

人が助けを求めにくい理由は

  • お返しに抵抗がある
  • 自尊心が傷つけられる

の2つでした。

自分の弱さを認め、持ちつ持たれつで仕事ができるといいですね。

どんどん他人を頼って解決していきましょう。

 

あわせて読みたい

新しい職場でもすぐに仲良くなれる4つの方法

コメントを残す